国際シンポジウム「千葉の内なる国際化:教育と地域の現場から」が開催されました!

3月28日(土)、ジェトロ・アジア経済研究所、千葉大学、神田外語大学の主催により、千葉市中央区の「きぼーる」にて、国際シンポジウムが開催されました。

この4月の幕張インターナショナルスクールの開校を「千葉の内なる国際化」の大きな節目と考え、さらに千葉の国際化を進めるため、幕張インターナショナルスクール校長を始めとして、教育・地域・産業など様々な分野において県内各地で活躍する方々を迎え、今後の「千葉の内なる国際化」について、活発な討論が行われました。

パネリストの一人である、千葉県に進出した外資系企業・SCC Japan社の社長Robert Anderson氏には、ご自身の20年以上に亘る日本とのビジネス経験に基づいた国際化の重要性、key points等について、流暢な日本語でプレゼンテーションしていただき、大変好評でした。

(当日の様子はこちらをご覧ください↓)
2009-04-02